姫と魔法の洋裁工場
のんびりまったり、大好きなお洋服のことを書いたり、ふらっと思いついた言葉達をちりばめてみたり・・・
ふわふわとしたロリィタ服が大好きな影菜の洋裁日記です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
考え事

いつも何かを考えて

生きているんだ

それが

僕の生きている証

人が何処から来て

何処に行くかとか

そんな答えが何処にもないと

わかっているような

途方もないことから

今日のご飯はなんにしようか

なんて些細なことまで

いつも何かを考えながら生きている

そう

それが僕の生きている証だから

考え事が

僕を生かしてくれる

答えがすべて見つかった

世界など

もしどこかに存在するというのならば

なんとも

つまらない世界だろう……

なんて

結局そんなことさえも

悟ったように

考えながら

ほら

生きているんだ

続きを読む >>
ことのは * comments(0) * - * 幻想夢 影菜
空の鳥籠

伸ばした手は

行き先を分からずに

戸惑ったまま

中天を求める

そう

僕はいつも空ばかりを求めている

誰かが

空は自由の象徴だからと

言っていた気がするが

急き立てられるように

求めるそれは

僕にとって

全くの正反対で

まるで

そこにとらわれ続ける

僕にとって

そこは

鳥籠のような場所

そこから逃れられずに

いつもいつも

見上げては

求めていて

そこにしか

生きる場所を見つけれない気がして

翼を与えられたいつかの日

僕はやはり逃れられない

その場所に

捕らわれにいくのだろう

そこは僕の鳥籠だから

決して

逃れることのできない

僕の鳥籠……

続きを読む >>
ことのは * comments(2) * - * 幻想夢 影菜
re:

言葉で言ってみると
妙に窮屈で
それでも
欲しがっているのは

確かに
それだと知っている

ねぇ
今の私は貴方にどう見えるのかしら?

醜いほどに
それを欲しているのよ

そんな私に幻滅する?

誰よりも強いんだと
口では言っていたくせに
本当はその強さという言葉の意味を
知ってたのかどうかすら曖昧で
だから今こうやって探している私を
貴方はどう思うかしら?

尋ねると
貴方は言ったの

笑えばいいんだよ
そしたら
答えがみつかる

泣けばいいんだよ
そしたら
答えが見つかる

そう……

私はぽつりとうなずいた

そして見上げたの
星空を
そして何かを求めるように手をかざした
強さがつかめるんじゃないかと

その瞬間信じれた気がして……

続きを読む >>
ことのは * comments(2) * - * 幻想夢 影菜
アオ

気づけばいつも

僕は探している

アオいものを

それは

それが美しいと思うから

それが懐かしいと思うから

それが愛おしいと思うから

それが哀しいと思うから

空の蒼は

哀しいね

いつも見上げて

胸が締め付けられるほどに

切なくなると言うのに

それでも見上げてしまう

それは

空の青に憧れるから

僕のまだ知らぬ

世界がそこに待っていると

想いを馳せて

手を伸ばすから

そして蒼い空を見上げながら

僕は青いそらを望むんだ

水の碧は優しいね

いつでも

すべてを受け入れるように

寄せては引いて

僕をずっと待っていてくれている気がして

僕は泣きたくなったら

いつも浜辺に立っていた

そして

僕のアオが雫となって

優しい海に吸い込まれて

碧に混じっていくんだ

哀しくないよと

教えるように

寄せては引いて

いつか美しいアオを生み出すのだからと

いつか世界が

アオく染まってしまえばいいのにと

誰かが言った

最初は

哀しい哀しいあおいいろ

それはまるで何かの証のように

静かに世界を包み込み

いつか

穏やかな清らかな流れとなって

優しい優しいあおいいろ

何かを悟ったように

すべてを許してしまえるようなキモチを運んで

いつか

すべての境を繋げるように

愛しい愛しいあおいいろ

世界を包む

それは

母と同じあおいいろ

この惑星とおなじ

あおいいろ

続きを読む >>
ことのは * comments(0) * - * 幻想夢 影菜
あんだんて

ゆっくりと

あるいている

あなたがみるけしきは

どんなけしきなのだろう?

めまぐるしく

すすんでばかりの

わたしのけしきは

あわただしくて

なにもみえずにいた

それがあたりまえだとおもっていた

そのままだとよかったのに

あるひ

あなたとであってしまった

あなたのよこを

あるいてしまった

ああ

けしきは

とてもおだやかで

ときは

とてもゆるやかで

あまりにも

ここちよすぎて

わたしはめをそむけそうになるの

ねぇ

どうしたらいいのか

こたえをおしえてはくれないの?

きゅうにみえてきた

せかいが

まぶしすぎて

どうせなら

またなにもみえないほどに

めまぐるしくすぎてしまえばいいのにと

おもうわたしはよわむしで

あなたは

ちいさくほほえみながら

にぎったてをはなしてはくれない

ねぇ

あなたはわたしになにをみせてくれるの?

いつか

あなたとおなじせかいを

すきになれるかしら

この

ゆるやかにすすむ

おだやかなせかい

続きを読む >>
ことのは * comments(0) * - * 幻想夢 影菜
みなとまち・むかしまち

お陽様ご機嫌

そんな昼下がり

日傘くるくる

私もご機嫌にまちをふらり

おさんぽしましょ

あなたと二人

並んで歩くの

ここは港町

西洋の風が吹いてくる

ろまんてぃっくな恋歌が

いつでも響く

港町

あなたと歩くそれだけで

ウキウキするのは

どうしてかしら?

思わず酔いしれる

遠い異国情緒の所為かしら……

それとも

西洋から運ばれてきた

あまいあまい

すぃーつの所為かしら……

それとも……

極上の生クリームよりも

柔らかくて

あまい

あなたとの

キッスの所為かしら……

ねぇ

答えを確かめたいから

もういちど……

キッスをしましょ

気づけば

世界は茜色に染まっていて

大きなお船が停まる港を背中に

あなたとわたし

極上のキッスをしましょ

それはまるで異国のキネマのワンシーンのようでしょ?

ほら 目をつぶるわ

だから優しいキッスをして……

ここは異国の匂い香るみなとまち

続きを読む >>
ことのは * comments(0) * - * 幻想夢 影菜
primavera

柔らかい風が吹くたびに

その訪れが近づいて

柔らかい風が吹くたびに

お陽様が温かな日だまりをつくる

花の香りが

私を包む季節がすぐそこに

花びらが舞い

心躍る季節

続きを読む >>
ことのは * comments(2) * - * 幻想夢 影菜
It's Beautiful Day

それは世界を彩った

見上げたそこから

降ってきた

新緑の緑が輝いて

そこからこぼれる

陽の光が眩しくて

僕は目を細めながら

自然と手を伸ばす

君は

嬉しそうに手を伸ばして

僕のその手をつかんで

そのまま急降下

重力に素直に君を受け止めた

僕は痛みを感じながらも

瞳を開ける

……彩が溢れる……

心配そうに僕を見つめる君の大きな瞳に

そんなことを感じた

そして僕は微笑んだ

そして求めるように

君の豊かに波打つ黒髪に

手を伸ばして

そのまま君の頭を撫でる

なぜか知っている

僕が君を求めているから

君が空から降ってきたんだと

そんなどこからもなくきた予感

君はそんな僕にほんの少し驚いた表情を見せて

でもすぐにそんな表情は

眩しい笑顔に塗り替えられた

嗚呼

無機質だった僕の世界が

君の笑顔で彩られていく

新緑の緑は鮮やかで

こぼれる陽の光がまぶしくて

そして君の笑顔が輝いて

世界は美しいんだと

そう君は教えてくれる

そのために空から降ってきたのだと

言った……

そう

この惑星が美しいと

生きている

この瞬間が美しいと

続きを読む >>
ことのは * comments(0) * - * 幻想夢 影菜
ことのはじまり

空気が震える

それは“音”

それは“想い”

何かを伝えようと

人は声を上げた

そして震えた

冷たい空気

それが魂をもったように

温度を上げていく

はじまりは

なんだったのだろうか……

それは果てしなく過去の記憶

とうに理由など忘れてしまった

ただ

わかるのは

震える空気が魂をもって

誰かに届くということだけで

その感覚は

あまりにも抽象的なような気がして

しかしながら

魂を持ってしまったその降る絵は

何よりも具体的で

本質をさらけ出し

しかしながら真実を覆ってしまう

それは悪戯な歯車を生み出し

物事を面白おかしく動かすのだ

結局のところ

はじまりなどどうでもよく

今こうして

震える空気が伝えることのはが

今生きていることを教えてくれる

今のところ

それだけで十分だと

冷たい空気が

温まるのを感じながら

再びそれを震えさせた

続きを読む >>
ことのは * comments(2) * - * 幻想夢 影菜
空にあるはず

気づけば

いつも見上げていて

手を伸ばす

掴めそうで

掴めないことは知っている

それでも

見上げたそこに

答えがあるような気がして

見上げずにはいられない

何を探しているのかすらわからなくても

何かを教えてくれる気がして

流れる雲が

輝く星が

満ちて欠ける月が

答えを知っているのだろうか?

見上げずにはいられない

その遠い遠い

空の果て

迷った時は答えが欲しくて

泣いた時は慰めてほしくて

笑ったときは弾んだ心が

空を見る

掴める答えはなくても

きっかけは空にあるはずだから

続きを読む >>
ことのは * comments(2) * - * 幻想夢 影菜