姫と魔法の洋裁工場
のんびりまったり、大好きなお洋服のことを書いたり、ふらっと思いついた言葉達をちりばめてみたり・・・
ふわふわとしたロリィタ服が大好きな影菜の洋裁日記です。

<< 買い付け士はいつでも絶好調 : main :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
夜空にひとつ

急に

伝えたくなる時があるの

急に

その声が聞きたくなる時があるの



窓の外

悔しいくらいに

キラキラと

瞬く星を見上げていたら

あなたもこの空を見上げているのだろうか?

そんな事を想って

恋しくなる


戸惑う親指は

あなたまで辿り着かずに

パタンと閉じて

また夜空を見上げる



あなたが今見上げるこの空には

まだ星は瞬いていないのかしら……

部屋にかかった二つの時計を見て

繋がる空さえ違う模様を彩っているのかと

少し寂しさを覚えて

寂しいため息が夜空に吸い込まれる


ねぇ

空にひとつ

私だけの星をずっとずっと輝かせれたら

いいのにね


あなたがその星を見る度に

私を思い出してくれるかもしれないから


遠く離れていても

毎日 毎日

私はあなたの事ばかり

考えているのだというように

輝くから


それってロマンチックじゃなくて

ただの迷惑だって?

そんなの失礼しちゃう

そう願うことくらいいいじゃない




一つ光ったのは流れ星……

夜空にひとつ

刹那のその星は誰かの想いを乗せって

輝いていたのなら

素敵かもしれないね


そんな事を想っていたら

私の掌の星が光る


「もしもし?」

その向こうから聞こえるのは

遠い遠い場所にいる

私が効きたかったあなたの声……


夜空に一つ

切な光ったその星が

もしかして

私の想いをあなたに届けてくれたのかもしれない


なんて嬉しくなって

あなたに言うの


“今夜はきっと流れ星がみえるはずよ”


突発、何か書いてみようと結構無理矢理ひねり出した感じなのであんまりまとまっていないことのは。
海外遠恋な感じ。

可愛い恋の歌を書きたい気分ですが、うまく言の葉が出てこない感じです。
そう言えば最近、オリジナルは可愛いの書いてないもんなぁ(ヲイ)
また少しづつ色々書きたいな……

ことのは * comments(2) * - * 幻想夢 影菜
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/02/16 5:26 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/18 1:27 PM |

コメントする