姫と魔法の洋裁工場
のんびりまったり、大好きなお洋服のことを書いたり、ふらっと思いついた言葉達をちりばめてみたり・・・
ふわふわとしたロリィタ服が大好きな影菜の洋裁日記です。

<< 今さら : main : 買い付け士はいつでも絶好調 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
きおくのうたごえ

その歌声は

まるで優しい雨のようだと

出逢ったときに思ったのを

今でも覚えている

決して忘れられない

貴女の歌声


砂糖菓子のような

その甘い声音が

ここちよくて


優しい雨のように

心にしみるその言の葉が

愛しくて


出逢ったその時

当然のように

愛してしまった

貴女の歌声


だけど今はもう

その歌声を聴くのは

どこかで怖くて

どこかで寂しくて

どこかで切なくて

ずっとずっと記憶の中で聞く事が精いっぱいで

ずっとずっと貴女の声を聞く事が出来ずにいた


なのにずるいよね

チャンネルを合わせると

不意に聞こえてきた

貴女の歌声

まさか どうして

思わずテロップを確認する

ああ そうだよね

これは貴女の歌声


こんなに優しくて

こんなに美しくて

こんなに愛おしいのは

確かに貴女の歌声


忘れるはずがない

今だって

優しい雨のように

私の心の中に染み込んでいく

貴女の歌声


忘れたわけじゃなかったの

大好きだから

聞けずにいた貴女の歌声


だけど

きっと本当は

聞きたかったんだと


頬に伝わる温かな

貴女を想う優しい雨に頷いた


貴女の歌声は

永遠に優しくて

永遠に美しくて

永遠に愛おしいのです


好きっていいなよ。リアル鑑賞してなかったんですが、弟が帰省してた時に見てたのを一緒に見たら不意に画面から流れてきた音楽に言葉を失ってしまった私。

まさか今、岡崎律子さんの歌声に、こうやってアニメの主題歌で遭遇するとは思っていなくて、本当に胸がいっぱいになってしまいました。
すっごい大好きな岡崎さん……
だからこそ、哀しくて亡くなって以降はあまり彼女自身の歌を聴くことはありませんでした。
もちろん脳内再生をすることはあっても。

だけど、今でもこうやって誰かに聞かれている……そう思うと、嬉しくて、愛しくて、ちょっと自分が情けなくて。
そんな私の心情のことのは。

彼女の歌声は、まるで砂糖菓子のように甘くてロマンティックで、その綴られる言の葉は優しい雨のように心に染み込んでいく……私にとってそんな愛しい音楽です。

ことのは * comments(0) * - * 幻想夢 影菜
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする