姫と魔法の洋裁工場
のんびりまったり、大好きなお洋服のことを書いたり、ふらっと思いついた言葉達をちりばめてみたり・・・
ふわふわとしたロリィタ服が大好きな影菜の洋裁日記です。

<< 秋ですね : main : パンプキンプディング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * - * スポンサードリンク
銀の河

そこはあまりにも遠すぎて

そこはあまりに美しすぎて

想いを馳せてばかりいる世界

本当はどんなところかも知りもしないけど

いつだって僕の中では夢の世界だと

想像ばかりが膨らんで

本当はどこにもないんじゃないかと思うけど

でもやっぱり

それは僕のすぐ傍にあって

それは僕から遙か彼方にあるんだね

ねぇ そこは本当に美しい世界ですか?

ねぇ そこは本当に無限の世界ですか?

ねぇ そこは本当に静寂の世界ですか?

頭の中の妄想はどこまでもエキセントリックだったりもするけれど

頭の中の想像はどこまでもナイーブで

だけどどっちもが僕にとっては夢のような世界で

どこかでその世界は僕の中でしか存在しないんじゃないか

なんて思ってたのに

遙か彼方から

ボクハココニイルヨ

と教えてくれるように

煌めいて

ボクハキミヲマッテイルヨ

と誘うように

落ちてくるんだ

掴めちゃうかな

なんて思って吸い込まれてしまいそうな濃紺のソラに手が伸びる

手掌には

無数のキャンディーみたいに煌めいたセカイが存在して

それは遥か遠くなのに

それはとても近くて

やっぱり僕は何時までだって

そんな世界を夢見ているんだろうと

だけどいつかは僕も

その世界を現に掴みとってしまうのかもしれない

なんてそれは現に最も近い夢を見ながら

いつまでもいつまでも

寝そべって濃紺のソラばかり見つめているんだ

 
久々のことのは。

宇宙を夢見る少年。
ウチの少年は現実にぶつかって、見事に就職試験エントリーシート落ちしてましたが(笑)でもまぁ空に関係したお仕事に就けることになってよかったね!!←ウチの少年は宇宙というか空バカですな。

そんなわけで、この前降りはほとんど関係ないですが、先日はやぶささんを見に行って感動したのをずっとことのはにしたいと思っていたのですが、書きだしてみたら、なというかはやぶささんなんて途方もない世界より、夏の旅行の時に宮島SAで見上げた夜空の事を思い出しました。
なんせ真夜中(AM3:00とか)に走っていたのであたりは真っ暗で、比較的都会っ子の私が感動するには十分な夜空が広がっていたんです。
しかも流れ星も見れちゃって!!
ウチの少年と大感動!! ベンチに寝そべって年甲斐もなくはしゃいで、手伸ばして……
青空も好きですが、星空もすっごく好きなんです。

宇宙ってなんだか本当遠くて、でも近くて……エキセントリックでナイーブなもんだなぁ……なんて思う今日この頃です(苦笑)

しかし、やっぱりこうやって言の葉に物事をつづることって私にとってはたいせつなことだなぁ……とひしひしと感じています^^;
いろんなものがいい意味でも悪い意味でも素直にすーっと溶けだしていくので一種の精神安定剤みたい。
ことのは * comments(0) * - * 幻想夢 影菜
スポンサーサイト
- * - * - * スポンサードリンク
コメント
コメントする